事 故 発 生 時 の 対 応
物 損 事 故

@危険防止 第二事故の発生を防止するため、事故車両を路肩に寄せ三角停止表示板・発煙筒・ハザードランプ等で後続車に注意を促します。

A警察への届出 当て逃げされた場合や相手が届出を渋る場合でも必ず届け出て下さい。
(届出が無く、事故証明書が発行されない場合、共済金のお支払いができない場合があります)

B相手の確認 住所・氏名・連絡先(自宅・携帯電話・勤務先)を確認して下さい。

C目撃者の確認 目撃者がいれば住所・氏名・連絡先(自宅・携帯電話・勤務先)を確認して下さい。

D現場の状況確認 事故発生現場の住所・発生地点・信号・標識・横断歩道等をよく確認してメモしましょう。

E日個連事故受
  センターへの連絡
現場での対応が終わり次第、事故受センターへ連絡して下さい。
(日個連事故受カードは必ず携帯しましょう)
自車が走行不可能な場合はレッカー手配をご依頼下さい。
(搬送先は指定工場又は特約工場をご指示下さい)



Copy Right (C) 2002-2018 日個連東京都交通共済協同組合, All Right Reserved.